出張先で爆釣♪

福島は小名浜が地元の方と愛媛から来て一緒に現場をやっている釣り好きの職人とともに前ぇから目をつけていた堤防にて竿を出してみやした♪

常磐じゃデカイ根魚と座布団サイズのカレイなんかが有名なんだが、意外なことに巨大青物も上がっているのだと聞きやして…妄想MAXで出撃(笑)

ガチなショアジギの道具と超ライトな管釣り鱒道具というとてつもねぇアンバランスな2セットを持って逝きやすw


堤防上から海面まで約5mとけっこう高い足場でござんすが平坦な場所なもんでタモさえ持ってりゃ取り込みも楽でござんすね~♪

しばらく外海側でガチなタックルには軽過ぎる40gのメタルジグを投げ倒し、釣れねぇからってね、もっと軽いリップレスミノーなんぞも投げてみたんだが………

疑似餌はアタリが無ぇ(笑)

予想通りすぐにくじけたあっしは超ライトタックルの

「鱒レンジャーΣ5.6ft」に1000円で買った中古品の小さなスピニングリール、糸はナイロンの1号を巻いてあったが、若干不安があったもんでね前回夜磯の大会の賞品でもらった「高級フロロハリス」1.5号50mを足して使用しやした(笑)

愛媛の職人が「おっ!きたでぇ♪」

と言って寄せてきたのぁ40cm程の立派なアイナメ♪タモ入れを手伝って無事に捕獲♪


うーん♪いいサイズ♪

あっしもライトタックルでアイナメを狙ってみると1投目でコツコツッと小さなアタリが♪

竿先が少し入るタイミングで鬼アワセをくれるとがっちり掛かったようで竿が満月に曲がる楽し過ぎるヤリトリ開始♪

糸は1.5号…無理はできねぇが竿の弾力が魚の引きを殺してくれてんのか簡単には切れねぇ♪リールのドラグもちょいちょい出ていくからいい具合ぇに調整できてるようでござんす(^^)


こりゃいいサイズだ♪

アイナメ40cmチョイとあるだろう………

楽しすぎる(笑)

その後も順調に釣れやしてね♪


楽しぃ~♪


釣れちまう♪


バクバクだぁ~♪楽しすぎる♪


現地喰いアイナメ♪

激ウマでござんす(笑)


捌いてみるとノッコミシーズンなのか膨らみかけの白子も♪

内臓のまわりには白い脂肪がイッパイ♪

アイナメは旨い魚でござんすねぇ~(^^)

小さなアイナメも散々釣って楽しい釣行となりやした♪

愛媛の職人もとても楽しかったと言ってやして最高の釣りでございやした♪


現地で作った外道の干物w


激ウマでござんすw


どう見ても旨そうだったアイナメの肝あえ刺身♪


アイナメ小の干物


鍋も作ってみやしょう♪

100均で買った鍋に水をはり豆腐とネギ、釣りの合間に開いて干しておいたアイナメも投入♪


仕出し弁当のオマケのインスタント味噌汁の味噌を活用(笑)


帰りにスーパーで買った牡蠣も逝っちまいやすか♪

旨そうでござんすw


細やかな魚の脂が浮いて激ウマ♪


炙り刺身も造りやしょうかね♪


コイツぁまた絶品w

デカめのひらきなんざ…


どう見てもほっけ(爆)


ほっけだなw


そんなこんなで楽しい釣りをしておりやす♪ショアジギは不発でしたが…

また逝こう♪

御免なすって(^^)
スポンサーサイト

新ジャンルに手を出す…

これまでの釣り人生を振り返ってみやすと初めての釣りは何だっただろうか?

親父に連れていってもらった海で竹の棒に落ちていた糸と鈎を着けてもらって、その辺にいる小さな貝を石で割ったものをエサに釣ったキュウセンが初めてかもしれねぇ…

大原の船で「しょうこうまる」という名前だけを覚えているが親父の釣りの師匠である「しのちゃん」と呼ばれる人と船釣りをしたのが先だったか…?

はたまた親父の弟である伯父さんに連れていってもらった南房のメジナ釣りが先だったか…

今となっちゃどれが最初なのか覚えちゃいねぇが、小さな頃から釣りは身近なものであったことは間違いねぇw

親父とは色んなとこで釣りをした。外房のテトラ帯でおっかねぇ足場からイシモチを釣ったり、景気の良い頃に親父が持っていた船で南房の沖でイサキやトビウオ、時には伊豆大島まで逝きとんでもねぇ時化に見舞われ恐ろしい思いをしたこともありやした。

親父の師匠と大原の船に乗った時は船酔いが酷すぎて最初にアジ二匹を釣った後ずっと気持ち悪くて横になってやした(笑)
師匠はさすがの名人で、でかいヒラメやマトウダイ、マダイにマハタなど今思えば旨そうな魚を沢山釣ってやしたね。

伯父さんと逝った南房の磯でコッパメジナをよく釣った。ベラやフグも沢山釣りやした。

小学三年生頃になると近所の川に逝きコイやフナ、ナマズなんかも釣った。

しばらくすると空前の大ブームとなったブラックバスも釣ったりしやしたね。

行動範囲が広がった高学年になると、けっこうな距離を自転車で走り東京湾の沿岸でチョイ投げを始め、アイナメやカレイ、ハゼなどを釣りに逝った…

自分で外房や南房へ逝けるようになった高校一年生の終わり頃、ショボいバイクでクーラーと竿を持って単独釣行の始まりでござんす♪

勝浦、鴨川はしょっちゅう逝きやした。
伯父さんにもらった道具でイシダイ釣りをしてしばらくイシダイの魅力にハマりやした。

しかしお土産といえば大抵エサの残りのサザエ位しか無く、大した枚数は捕獲できずになんだかんだ土産の多い上物へと移行していきやしたねぇ~(笑)

それでもイシダイを諦めきれずに投げ込んであるイシダイタックルの横で上物やったりなんて邪道な感じの釣りも好きでございやした♪

時は流れてじゅんぞうさんのブログと出会い南房夜磯の世界へ…それまで日中にメジナを釣っていて40オーバーは1枚…

夜磯での釣りを始めてからは数えるのも面倒なくれぇデッカイメジナが釣れるようになりやした♪

でもしばらくすると贅沢な気持ちが…生意気なことに刺激不足な感じがしてきやす…

そしてフエの魅力にドップリw

あの瞬発力に引きの強さ、そして旨いという3拍子揃った魚と出会いまたドップリ……

咲いたマンさんの言う日本一旨いヤマメにもココロ奪われ気付けば方向性なんざ全く無ぇオカズ釣り師ができあがっていた訳でござんす(爆)


こりゃ旨ぇ(笑)


なんたって霜降り魚肉w


ヒラメが…


紙皿でも激ウマw


あぁ~癒される♪


旨ぇなぁ~…あれ?コイツぁ…


チョイ投げの獲物の一夜干しも


キスもアイナメも旨い♪


おっと!こりゃいけねぇ…素人が手を出すと死人が出るぜ…

まあ訳のわからねぇことばかり書いてきやしたが、あっしがこれからやろうとしている新ジャンルってのが最も苦手とする疑似餌釣りなんでござんすよ(笑)


出費が痛ぇ…


ゴッツイ竿を買って…



メタルジグやプラグを買いあさり…


無い金を使い果たして旧キャタリナ5000番…

それもこれもフカセじゃなかなか釣れることの無いヒラスズキやヒラマサ、ブリにヒラメもしかしてマグロとか(爆)

そんな非現実的な獲物との出会いを求めて…………


にわかルアーマン始めやした(爆)

ルアーマンの皆様…釣り場で場違いな野郎を見かけても決して石など投げずにナマアタタカク見守ってやっておくんなせぇw

その竿でそのルアーはオカシイと思っても突っ込まずに放置して下せぇ…

あっしはこれしかルアータックル持ってやせんので手持ちのルアーは全部これで投げ倒しやす(爆)

そんなこんなでこれまで以上に節操のねぇ釣りを展開することとなりそうではござんすが宜しくおたの申し上げやす♪

御免なすって(^^)



隙あらば釣り

溶接の免許更新の試験があり、千葉へ戻った時の日記

試験が一日がかりになりそうだと思っていたのだが、思いがけず半日で終了~

仕事用の車なのにナゼか釣り道具が満載(爆)


やはり逝ってしまう(笑)

これからやろうとしている新ジャンルの釣りの道具の相談にゴリさんに電話しやすとhutさんと二人でマニアックな場所でチョイ投げされているとのこと♪

あっしの現在地から近いもんで合流させていただきやした。


激ウマワッペンw


初魚となるクロサギ…

このクロサギは通常釣れるサイズよりデッカイらしい♪


クロサギとワッペンの盛合せw


魚は全部現地でhutさんがさばいてくれやした♪

ふにゃふにゃの超ライトな道具でやるチョイ投げ…楽しすぎやす(笑)

リールの糸なんざ1号という極細…いいサイズのキスなんかがかかると若干ドラグが出やすw

チョイとやって帰る予定だったんだが…


結局日が暮れてからも続行しちまったw

さーて……………

福島に戻るか(爆)

御免なすって……



久しぶりの房総にて

福島へ長期出張にきているあっし

たまにゃ千葉に帰ぇって釣りがしてぇ…

少し前ぇの週末、休みがもらえやしたんで千葉に戻り家族との夕食を楽しんだ後に出撃♪


遅い出撃だ

今夜ぁじゅんぞうさんと愉快な仲間達が集まって夜釣りの大会をやっているとのことで飛び入りで参加させていただきやした♪


いつものIC


釣り釣り~♪

対象魚はメジナ、クロダイで長寸勝負とのこと…名手ばかりの大会なんでね、あっしはみそっかすでござんすが(笑)


解凍予約済♪

どこへ入ろうかと悩むものの、久しぶりの釣りでござんすから数が出て楽しめる、そしてたまには良型が混じるようなとこを選択しやした。


駐車スペースからしばらく歩き磯へ到着しやすとまだ潮位は低く、胴長でもアソコの先端へ逝けるくれぇだ♪

迷わずソコへジャブって逝く。大会ルールにスイミング禁止というあっしの為だけに設定された事項がありやすんでね、今夜ぁ胴長だ(笑)

チャランボブッ刺して釣れるであろう場所へ仕掛けを流してみるが反応薄く、全く実績の無ぇほぼ大きな潮溜まりのような浅場に振り込むと…キタ!


小さい…

スカリを忘れたもんでビニール袋にメジナをキープしやす…


…………

ビニール袋に入りきらなくなっちまったもんで、空っぽにした背負子を潮溜まりに入れて魚をキープしていきやす(爆)


こんな状況w


増殖中


どんどん増殖~(笑)

こりゃあ完全にメジナの巣でござんすね…もう軽く30枚以上釣って満足なんだが潮位が高すぎて胴長じゃ帰れねぇ…orz

この後も釣れてしまう…たまにルアーを投げてみたりするもののそっちの方はおさわりなしでござんす( ̄▽ ̄;)

最終的に潮位が下がるまで釣りしてやしたら40枚は楽に超えやして小さめの奴は全部逃がしてきやした。

それでもキープ20枚以上して頼まれていたつかちゃんさんにお土産に持って帰りやす。

43弱アタマに40枚以上たぁ…いくらなんでも釣れすぎだ(爆)

さて検量…


チョイと多すぎたか…

皆さんが続々と釣果を出し、検量していきやすが思ったよりも凪ぎの海に苦戦されたようで………



全員の期待を裏切って海おとこ優勝(爆)

たまたま釣れ過ぎたなかの一枚が優勝魚となっちめぇやしたw

それもこれもじゅんぞうさんに鍛えられたおかげでござんしょうか♪


久しぶりの南房夜磯、ウキも沈みまくって楽しい夜となりやした♪

大会主催のkさん、ならびに名人の皆様方、大変お世話になりやした。

この場を借りて御礼申し上げやす(^^)

御免なすって♪


尺ソイが一番うma…w

訃報

大切な友人

が11月1日早朝に現世に別れを告げた。


名はタツさんという。


若かりし俺がバーテンダーの修行をしていた頃、決まって夜中の3時以降の閉店前に現れるという人だった。

生粋の単車乗りで「車の免許なんかいらねぇよ。俺には単車があるからな」

といって30才をこえても普通自動車免許をとりに行かねぇような筋金入りだった

俺も単車が好きでいつしか打ち解けたタツさんと一緒に流しにいったりもした。

中免しか持たねぇ俺は時代遅れの初期型のゼファー400、タツさんはゴツい見た目にも似合うV-maxをねじ伏せて走っていた


いつもバーに来ると注文をしないタツさん。決まってキープボトルのバーボンである「イーグルレア」をお気に入りのバカラのショットグラスでストレートで飲み、チェイサーはジンライム

時にはスゲェ辛めのイーグルレアのチェイサーに甘めのバーボンであるハーパー10年やヘンリーマッケンナーをストレートでなどというハナレワザを呑ってのけるようなイカれた人だった。

仲間内にはとても優しいタツさんだったがそれ以外には意外と素っ気なく、いつもカウンターの端から2番目辺りで寡黙に呑っていた。

俺の単車が調子悪いと言えばいつもなおすのを手伝ってくれた。直しながら

「お前こんな手のかかるボロに乗ってねぇでもっと新しい速い単車買えよ」

などと歯に衣着せぬ物言いで俺に色んなことを教えてくれた

高速で平均速度200キロオーバーで法律違反も甚だしい走りを見せていたタツさん

そうかと思えば、暇な日に店に電話をかけてきて「お前暇だろ。今からカラオケ行こうぜ」などという…

「え?タツさん…カラオケ嫌いって言ってませんでしたっけ?」


「おぉ~、気分がいいから今夜は特別だ、お前早く店閉めて来いよ」

「雇われの身で勝手に店閉めらんないッスよ。また今度俺が休みの日に行きましょうよ」

「そうか、じゃあまたな」

いつだったか「ニュートン」という雑誌を持って店に現れたタツさん。

タイムマシンの話しを俺にしてくれた。

「もし光の速度で走れるマシンができたらな、円形の場所を走る仮定だと出発したばかりの自分の後ろ姿が見える計算になるんだぜ。もっと速いマシンができりゃタイムマシンも夢じゃねえ」


馬鹿な俺のアタマじゃ理解不能な話も解りやすくずっと話してくれた



いつしか俺はバーテンダーを辞め職人の世界に戻った。大変だが楽しくやりがいのあるバーでの仕事を離れるのはとても気合が必要だった。俺の目標は自分の店を持つことだったから

でもこのままじゃ家族に飯を食わせるのは収入的にも俺の体力的にも無理だった。





バーを離れた後もタツさんは俺と遊んでくれた。店員とお客さんという垣根を乗り越え友人として一緒に呑みにいったりもした

それから数年、仕事に忙殺される日々の中でなかなかタツさんと一緒に呑む機会が無かった。

新潟に出張中だった俺に仲間からタツさんが入院したという連絡がきた

膵臓癌だという…慌てた俺は新潟の現場をほっぽりだして入院しているタツさんを見舞った。

見る影もなく痩せていたタツさんを見て俺は思わず泣きそうになったが、手術は上手くいったから大丈夫だと言うタツさんの言葉にぐっと涙をこらえタツさんの復調を待ってまた呑みに行きましょうと言って仕事に戻った。

それから数年の月日をタツさんの好きなバーテンダーであるダーちゃんのやっている店で呑んだり居酒屋に呑みに行ったり携帯で連絡をとったりしながら過ごしてきた。

タツさんが気に入って着ていたshottoのライダースは痩せて合わなくなったからと俺に譲ってくれた。

……………………………………………


そして10月の末友人のヤギちゃんから連絡がきた。その時に話を聞く前に何故か嫌な予感がした。ヤギちゃんが俺に連絡をくれるのが久しぶりだったせいじゃねぇ


タツさんと親しい仲間内のヤギちゃんが俺に連絡してくることは普段殆ど無いことなんだ。タツさんのことだという予感が頭をよぎった。

「久しぶり。タツさんがまた入院したよ。今度ばかりは厳しい状況みたいだから、今のうちに会いに来れるならと思って連絡したんだ」


「マジかよ…わかった、連絡ありがとう」


福島に出張中だった俺はまたしても現場を途中でブン投げて千葉へ向かった。

うんざりするほど遅い軽のワンボックスをリミッターいっぱいまでブン回してタツさんの病室へ走った…

事前に聞いた話じゃ末期で治療の施しようが無い状態だという…今は痛みを抑える為だけにモルヒネを投与され殆ど寝ているか、夢うつつの状態だと聞いていた

ナースステーションにたどり着きタツさんの病室への訪問の許可をもらい会いに行った


タツさんの親父さんが見守る中タツさんは夕食中だった。食事といってもほとんど喉を通らない状態、飲むゼリーのような流動食を必死に飲んでいた

俺が顔を出し挨拶をするとタツさんは食事をやめた。


俺は飯の邪魔をしちまってすみませんと謝った。タツさんが具合悪いって聞いたから見舞いに来たんスよと言うと


「おぉ~、お前仕事大変なのに…」

と俺のことを気遣ってくれた…




タツさん…あんたの方がよっぽど大変だ


俺の仕事のことなんか大したことじゃない。休みが無かろうが残業だらけだろうが今の俺の目の前に居るタツさんよりも大変な奴なんて居るもんか…

話をしていることさえキツそうなタツさんと俺は数分喋った。

「ヤギちゃんやダーちゃんが毎日タツさんのとこへ遊びに来てるみたいじゃないっすか」

「おぉ」

「俺は遠いとこに出張中だからしょっちゅうは来れないけどまたタツさんに会いにきますから、しっかり飯を喰って元気になって下さいよ」


「おぉ」


「福島はすげえ寒くなってきたから、タツさんにもらった革ジャン着て気合入れて頑張ってきます」

「おぉ……ぶっ壊すなよ」

「はい、…ぶっ壊さないように大事に着ますから大丈夫ッスよ」

大事にしますから…


「タツさん、また来ますね」

「おぉ………」

朦朧とした状態でも俺を認識し、話をしてくれた。俺はもう我慢の限界が近づいていた。涙が溢れてきた。タツさんは半分目を瞑っているような状態だったが一生懸命に起きようとしてくれていた。

「タツさん俺もう現場に戻りますから」

と言うと親父さんが手を握ってやってくれと言った。俺はすすめられるままにタツさんの手を握ってまたこう言った。

「タツさん、また来ますからね。ちゃんと飯喰って元気になって下さいよ」

もう抑えることのできねぇ涙を拭うこともできねぇながらタツさんに言った。

タツさんは応えるかわりに握った俺の手をトントンと何度もたたいた。もう話す気力も無かったのかもしれない。

でも握りかえしてくれたタツさんの手は痩せ細った身体からは想像もつかないほど力強く、職人の手だった。

………………………………………………



それから数日の後、またヤギちゃんが連絡をくれた。

「今朝方5時頃にタツさんが亡くなったよ」

「……………連絡ありがとう………」



翌日通夜の為と言って現場を途中でバックレて高速をトバした。

空も俺もどしゃ降りだった。千葉へ着き礼服を着て斎場へ向かった。

見知った顔触れがもう到着していてタツさんとの別れを惜しんでいた。

生前タツさんが呑んでいたイーグルレアをバーテンダーのダーちゃんが持って来ていて、タツさんのまわりで一緒に呑んだ。

日付がまわる頃、斎場の職員が明日の段取りの為か一度施錠したいと言った。

仲の良かった呑み仲間達と皆でタツさんがよく行っていた居酒屋へなだれ込んだ

いつもは冷静に呑んでペースを崩さないスーさんがペースを崩し撃沈した

クールだが陽気なコウちゃんがしめやかだった

ヤギちゃんはタツさんとの思いでを面白おかしく語った

ダーちゃんはリニューアルした自分の店のカウンターに座ってほしかったとしきりに悔しがった

居酒屋の店主は閉店時間を過ぎても俺たちを追い出さず一緒にタツさんの話をした


朝方4時をまわり居酒屋に最後まで残っていた5人でタツさんのとこへ向かった

誰も居ない斎場で俺たちはタツさんを囲んで勝手なことばかり言って酒を呑み続けた。

俺の店の新しいカウンターに座らなかったような奴のために俺は泣いてやらねぇと言っていたダーちゃんはズルイことに鼻水が垂れるのも無視して号泣した。

みんな一緒に泣いていた…

俺は人前で泣くのは嫌だから我慢していたのにダーちゃんの号泣のせいで抑えがきかなくなり堰をきったように涙が溢れて号泣した…


朝方6時も過ぎただろうか、ヤギちゃんは斎場で椅子で寝た

俺も他の3人が帰った後そのまま椅子で寝た

昼前に始まる告別式に出て、火葬場へ行きタツさんとの別れを終えた

前日の雨がうそのようにとても良い天気だった

タツさんたくさんの思い出をありがとうございました


革ジャン大切にします。安らかに眠って下さい。









釣りの話じゃなくてかっちけねぇ…御免なすって。






色んな釣りへの入り口だっ→ にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
カウンター
プロフィール

海おとこ

Author:海おとこ
いらっしゃいやしお客人

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR